九模連 九州RC模航空連合会

ご案内

イベントカレンダー

 

お問合せ

各担当はこちら

九模連 九州RC模型航空連合会

ヘリコプター委員会規約

第1条(組織)

ヘリコプター委員会は九州RC模型航空連合会(以下九模連)内の専門委員会として位置づける。
委員会の組織は、委員長、副委員長、委員(九模連会員の地区代表)で構成する。
委員長は前委員長の推挙により九模連役員会にて承認される。
副委員長は新委員長の指名により九模連役員会にて承認される。
委員長、副委員長は九模連の役員を兼務し役員会に参加できるものとする。

第2条(任期)

委員長、副委員長の任期は2年とし再選を妨げない。

第3条(役割)

委員長は委員会の融和を促進し九模連年間事業である各競技会の運営上の全責任を負うものとし各大会の競技委員長を兼務するものとする。
副委員長は委員長を補佐し上記の連帯責任を負うものとする。
ただし競技会関係者が惹起した全ての事故については当該競技会関係者がその責務を負うものとする。

第4条(意見の集約)

第4条(意見の集約)
委員は、FAXまたはE-MAILに限り記名にて随時、委員会に対し意見を提出する事ができる。
委員長は、それを集約し総会または各競技会に反映させる努力をする責務がある。

制定 2008年1月6日

競技会細則

一般

1.委員長が選手として参加する競技会においては競技委員長を副委員長が代行することとする。
また委員長、副委員長とも競技会に参加の場合は委員長が競技委員長の指名をする。

2.各競技会会場においては、そのクラブのローカルルールを遵守する事。

3.自らが出したゴミはゴミ箱があるなしにかかわらず、すべて持ち帰る事。
タバコ等の投げ捨ては厳禁とする。

4.選手の飛行中に、その妨げとなる大声やスピーカーでの発声は厳禁とする。

5.選手は受付時に保険証を提示しなければならないが不携帯の場合は所定の誓約書に記名捺印することにより競技会に参加できる。

6.競技会で2ラウンド実施する場合は、1ラウンドの1番手はアミダにて決定し2ラウンド目の1番手は1ラウンドの1番手から11人目とする。

順延又は中止

1.各競技会において順延になった場合、指定時間に受付を済ました選手のみ順延された競技会への参加ができる事とする。
但し事前に緊急連絡網などで順延された場合はこの限りではない。

2.台風直撃など事前に競技会順延または中止が決定した場合は、申し込み時に記載されたメールアドレスまたは電話等で各選手に連絡する事がある。

順位

1.日本選手権九州地区予選において競技会が天候不良で1日目が途中で競技を中断した場合は翌日に持ち越して競技を続行する場合がある。
2日目の天候が良好で全員の飛行が可能なときは、1日目は切り捨てて2日目の成績で順位を決定する。
2日目の飛行順は1日目の中断後の選手から開始する。

2.各競技会にて複数ラウンドで順位を決定する場合、日本選手権球種地区予選においては1000分率、その他の競技会の場合は素点で算出した最良ラウンドの成績により決定する。
但し同点の場合は競技時間の短い方を上位とする。

陪審委員

1.採点結果等に不服のある選手は、その競技会の陪審委員に申し入れし説明を受ける事ができ陪審委員の調停により決定するが調停費用は無償とする。
各競技会での陪審委員は競技委員長の指名により決定する。

制定 2008年1月12日
改定 2013年1月24日